軽トラックを比較する

軽トラックを比較する

中古トラックの中でも根強い人気を持っているのが軽トラックです。
普通自動車免許でも乗ることが可能ですし、
税金や維持費が他のトラックと比較すると安い点が魅力として挙げられます。
軽トラックを製造している国内メーカーは、ホンダ、ダイハツ、スズキの3社です。

 

値段や車両の状態が同じだった時、市場にものをいうのは車の持つ性質ですよね。
今回は3つのメーカーが製造する軽トラックの特徴を比較していきます。
ホンダが製造しているアクティという軽トラックはキャブの広さと空荷での走行に優れています。
荷物を載せて走る時間よりも空荷の状態で走ることが多いという人にとってはおすすめの車両です。
ダイハツのハイゼットという軽トラックは、燃費の良さと価格の安さが売りの車両です。
もともとの価格が安いということは、中古トラック販売店でも安く売られやすいということを意味します。
他のメーカーにもOEM供給をしているため、
市場に出回っている数が非常に多く、お得に購入しやすい軽トラックです。
スズキのキャリイには、シフトチェンジを導入しているモデルがあり、
シチュエーションごとにオートマとミッションを使い分けることが可能です。
坂道での走行に自信を持っている車両なので、
こうした地域で軽トラックを活用したいという方はぜひお試しください。
軽トラックは、専門の中古トラック業者も存在するほど人気の高い車種です。
安く購入出来るので、セカンドカーとして利用する方も増えています。
比較的新しい年式のものも中古トラック業者で取り扱っていますから、
気になった方は1度中古トラック販売店を訪れてみてください。