中古トラックの選び方

値段から選ぶ

中古トラックは、新品よりも安く購入することが出来るため、多くの方が購入していますが、
中には極端に安いものや、それほど値段が下がっていないものもあります。

 

どれを選ぶかで、購入時に必要になる費用が変わるだけでなく、
これから先トラックに賭ける費用も変わってくるので、
値段を重視して中古トラックを購入する際は、目先の出費だけにこだわらず、
購入してから、費用がどれだけかかるかについても考えるようにしましょう。

 

中古トラックの値段の付き方には、様々なルールがあります。
特に大きく影響するのが走行距離や年式で、
走行距離が長く、年式が古いものほど、値段は安くなる傾向にあります。

 

極端に安いトラックの場合、長年使い続けてきた古いトラックの可能性が高く、
使い始めてみると、パーツの劣化が激しいせいで、
交換などの作業で費用がかさむこともあります。

 

最悪の場合、もっと高くて品質の良いトラックを購入したほうが、
費用が安上がりになることもあるので、
極端に安いトラックを選ぶのは考え物です。

 

トラックに限った話ではありませんが、
中古車は値段だけ見て購入すると痛い目を見ることが多いです。

 

値段が極端に安いものを見つけたときは、
走行距離や年式といった基本的な情報もあわせてチェックすると共に、
可能であれば店頭で実物を見せてもらって、
エンジンなどのパーツに問題が無いかどうかなど、
詳しくトラックの情報を調べるようにしましょう。

 

同じ値段でも、店舗によっては走行距離や年式が違うものも多いので、
複数の店舗で情報を集めて、
値段と品質のバランスが良いトラックを探すようにしてください。

 

中古トラックの情報はコチラも参考にしてみてください。

走行距離から選ぶ

中古トラックを購入する際、目を通しておくべきポイントは数多くありますが、
中古トラックの品質をチェックする上で特に外せないのが、走行距離の長さです。

 

走行距離が長ければ長いほど、
トラックは前の使用で酷使されてきたということに繋がるので、
極端に走行距離が長いトラックは、中のパーツの劣化が深刻なことが多いです。

 

逆に走行距離が短いトラックなら、長期に渡って使用しても問題ないことが多いので、
出来る限り長くトラックを使いたい場合は、走行距離が短いトラックを探すのがベターです。

 

走行距離が長いかどうかは、ほとんどの購入希望者がチェックするポイントなので、
中古トラックを販売している業者では、まず一番に情報を公開しています。

 

そのため調べる分には特に面倒もなく、スムーズに情報収集が出来るはずです。

 

ただし、一つ注意しておきたいのが、
走行距離が短いからといって、それが全て品質の良いトラックとは限らないという点です。

 

トラックの場合は、一般の乗用車とは異なり、
荷物の運搬などの業務に使われていることが多いため、
より長い間運転したり、苛酷な環境で使われたりと、
何かと酷使された後に売却されたものが多いため、
中にはメンテナンスがあまり行われなかったために、
走行距離が伸びないうちに壊れたトラックが売られている可能性もあります。

 

さらに、めったにないケースではありますが、
中古トラックの買取業者の中には、不正を働いているところもあり、
走行メーターをいじって走行距離をごまかしたり、
事故車のために走行距離が短かったトラックを、
事故車ではないトラックとして販売したりするケースも報告されています。

 

走行距離が短いトラックを探す際は、そうした点にも注意しましょう。

 

 

更新履歴